自己PRが苦手な私の自己PR作成方法

この文章を読んでいただいているということは、きっと貴方も自己PRが苦手な人なのでしょう。私もそうです。

そもそも筆記試験も面接も苦手なのですが、何よりも自己PRが苦手なのです。

何をPRすればよいのか、そもそも自分にPRすべきことなどあるのか、こんなとこを企業は見るのか。

転職するならまだしも、新卒であればこんな項目いらんだろ!となっていることでしょう。私もなりました。今もなっています。

ですが、このような自己PR文章が必要になるような企業っていうのは、大抵普通の企業なので嫌々でも頑張って書くのが吉と言えるでしょう。

何を根拠にこんな事を申しているかといいますと、私の経験上の推測です。結構転職をしているため、色んな企業を見てきた経験がありまして。

と、私の話はいいとして、自己PRを書くのは嫌だし面倒だしわからないとは思いますが、全て自分の為、自分の将来の為の第一歩ということで、一緒に頑張りましょう。

さて、ようやく本題の自己PRの作成方法についてお伝えいくのですが、そもそも自己PRとは何でしょうか?自分の強み・良いところをアピールするもの?

それはちょっと違うかもしれません。自己PRなのに自分の良さをアピールしないのかよ!と思うかもしれませんが、ちょっと違います。

ただ良いところをアピールするだけでは足りません。あなたの良いところ・強みが会社でどのように有益になるのか、どのように会社で活躍できるのか。

つまりは、あなたの能力は会社にとってどんな良いことがあるのか、というのが自己PRということなのです。

そんなこと言われても働いたこともないのに!と思うかもしれません。勿論そこまで自信満々に自分の有用性をアピールしろと言っているわけではありません。

自己PRを書く際に、ただ長所を並べるだけでなく、具体的な例とともにアピールをした方が効果的であるという話です。

ただ「集中力があります」と書くよりも、「集中力を発揮して作業を効率的に進めることができます」と書いた方がしっかりしている感じがしますよね?

「何ができる」「何が得意」など箇条書きではなく、「何ができるからこうである」「何が得意だからこうすることができる」などこれから就業するにあたって必要そうな言葉を加えて文章を作ると、良い自己PRになるでしょう。

また、自分には長所がなくて短所ばかりだ、と思う人もいるかもしれませんが、長所だの短所だの、どちらも見方言い方を変えれば短所であり長所なのです。

今自分の短所だと思っていることを書き出してみて、見方言い方を変えてみましょう。長所になる可能性を秘めたものもきっとあります。

例えば頑固であれば、意志が固いと言い換えることができます。ただし、決して嘘をついてはいけません。嘘だけは絶対にダメです。

正直で誠実だけどちょっとよそ行きの自分を意識して、自己PRを作ってみてください。

自己PRを作る前に例文を参考にしよう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です