自己PRの正しい考え方

最近の就職活動や転職活動は、まず受けてみたい企業を探して、エントリーシートを書いてその企業に送ります。

それが通れば面接を受け、採用試験や二次面接という流れが一般的です。そこで認められれば、内定がいただけるという寸法になっています。

そこで最も重要と言われているのが、自己PRと志望動機です。面接虎の巻のような本には、必ず載っています。

ひとまず志望動機は置いておいて、ここでは自己PRについて考えていきたいと思います。自己PRとはそもそも何なのでしょうか。

何となく言葉の雰囲気で、自己紹介とか自分をアピールする事なのかなと思うでしょう。意味合い的には、だいたいそれで合っていると思います。

ただそれだけでは、考える事が自由すぎて、何から手を付ければ良いかわからなくなると思います。

自己PRが何故大切なのかと言うと、それは多くの企業がその項目を重視しているからです。

あなたが何をしてきた人で、何ができるのか、それが企業側のニーズとマッチしているかどうかという事は、入社後にあなたがキャリアを積んで行く中で、何の仕事をするにしても大きく影響してくる事だからです。志望動機にも同じような事が言えます。

自己PRは自己というくらいですから、自己中心的に考えたとしましょう。そうすると、自分が特にすごかったと思う事、自分が一番好きなこと、自分が思う一番の趣味、一番得意な科目などを連想されると思います。

実はそれでは、企業の採用担当の心にはなかなか響きにくいと思います。

新卒の方ならまだしも、社会人経験があって転職されようとしている方がそういう考えでいたとしたら、よほど人手が足りない所以外はまず採用されないでしょう。

何でも相手を思うこと、相手の立場に立って物事を考える事は、非常に重要な事です。

それができるかできないかで人としての評価がガラッと変わるくらい大事です。自己PRを考える時も、企業がどんな人を求めているのか、募集要項に穴が開くくらいよく読んで考えて想像してみてください。

そして自分がそれに合った人間か、その企業の要望に応えるにはどういう能力を活かしてどのようにしていけば良いか、よく考えてみてください。それだけで自己PRの質というものは大きく向上します。

まとめると、正しい自己PRというのは、自己中心的なものではなく、企業の立ち場に立ったものです。非常に難しい事ではありますが、その企業の事をよく調べて知識が増えるに連れて、だんだん見えてくるものでもあります。

逆に言うと、企業をよく知らないと良い自己PRは書けません。一生そこで過ごすかもしれない大切な企業ですから、その会社の事をよく知って、それまで考えた事ないくらいよく考えて、応募したいものですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です